MENU

加入区分、掛金、補償額(一般の団体)

加入区分・掛金・対象者

団体活動を行う4名以上の方々でご加入ください。加入区分は加入者ごとにご選択ください。

加入対象者 補償対象となる団体活動等 加入
区分
年間掛金
(1人あたり)

子ども

中学生以下(特別支援学校高等部の生徒を含む。)

  • スポーツ活動
  • 文化活動
  • ボランティア活動
  • 地域活動
A1 800
  • 上記団体活動に加え、個人活動も対象

AW区分の特徴:個人活動・個人練習なども補償の対象となります。

AW 1,450

大人

(高校生以上)

  • スポーツ活動
  • スポーツ活動の指導・審判

※スポーツ活動の定義、該当する種目はこちらをご覧ください。

64歳以下はC区分、65歳以上はB区分となります。年齢の判断は「平成29年4月1日」と「掛金の支払い手続きを行う日」のいずれか遅い日の年齢を基準とします。

64歳以下

1,850

65歳以上

1,200
  • 文化活動
  • ボランティア活動
  • 地域活動
  • 準備・片付け・応援・団体員の送迎(注1)

(注1)送迎中の自動車事故については、賠償責任保険の対象とはなりません。

「ダンス・踊り」、「ウォーキング等の野外活動」はスポーツ活動となります。
ボランティア、地域活動または「団体活動の支援」であっても、スポーツ活動(指導・審判を含む。)を行う場合は補償の対象となりません。C区分またはB区分でご加入ください。
スポーツ活動の定義、該当する種目はこちらをご覧ください。

A2 800

全年齢

  • 危険度の高いスポーツ活動
  • 山岳登はん(注1)
  • アメリカンフットボール
  • ボブスレー、リュージュ、スケルトン
  • スカイダイビング
  • 航空機(グライダーおよび飛行船を除く。)、超軽量動力機(注2)、ハンググライダー(注3)、ジャイロプレーンの操縦・搭乗
  • その他これらに類するスポーツ活動

(注1)冬山登山、岩登り、沢登り、フリークライミング(スポーツクライミングを除く。)など特殊な技術と経験を要するもの。(具体的には、ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマーなどの登山用具を使用するもの)

(注2)モーターハンググライダー、マイクロライト機、ウルトラライト機等をいい、パラプレーン等のパラシュート型超軽量動力機を除きます。

(注3)パラグライダーの搭乗はC区分またはB区分となります。

11,000

年間掛金には制度運営費(10円)が含まれます。

中途加入・中途脱退の場合でも年間掛金を適用し、掛金の返戻はありません。また、年度途中での加入区分の変更はできません。

※この保険は同一団体で1 口しか加入できません。また、複数の団体に所属されている方は、団体ごとにご加入ください。

傷害保険 保険金額

事故の日からその日を含めて180日以内の死亡、後遺障害、入院、手術、通院について下表のとおり保険金が支払われます。ただし、通院保険金の支払日数は、1事故について30日が限度となります。

加入
区分
対象範囲 死亡 後遺障害
(最高)
入院
(1日につき)
通院
(1日につき)
A1 団体活動中と
その往復中
2,000万 3,000万 4,000 1,500
AW 団体活動中と
その往復中
2,100万 3,150万 5,000 2,000
熱中症および細菌性・ウイルス性食中毒の場合、保険金額はA1区分と同様
上記以外 100万 150万 1,000 500
熱中症および細菌性・ウイルス性食中毒は対象となりません。
団体活動中と
その往復中
2,000万 3,000万 4,000 1,500
600万 900万 1,800 1,000
A2 2,000万 3,000万 4,000 1,500
団体活動中と
その往復中
500万 750万 1,800 1,000

※入院、通院については治療日数1日目から補償されます。

※入・通院保険金は医療費の実費ではなく、上表のとおり1日当たりの定額保険金が支払われます。(各自治体の助成等で治療費がかからない場合でもお支払いの対象となります。)

※約款所定の手術を受けられた場合には、手術保険金(入院中の手術:入院保険金日額の10倍、入院中以外の手術:入院保険金日額の5倍)が支払われます。

※傷害保険の詳しい内容はこちらをご覧ください。

賠償責任保険 支払限度額

加入
区分
対象範囲 支払限度額
A1 団体活動中と
その往復中
対人・対物賠償
合算1事故5億
ただし、対人賠償は1人1億
AW 団体活動中と
その往復中
対人・対物賠償
合算1事故5億500万
ただし、対人賠償は1人1億500万
上記以外 対人・対物賠償
合算1事故500万
団体活動中と
その往復中
対人・対物賠償
合算1事故5億
ただし、対人賠償は1人1億
A2
団体活動中と
その往復中
対人・対物賠償
合算1事故5億
ただし、対人賠償は1人1億

※自動車(自動二輪車、原動機付自転車を含む。)・航空機(グライダー、飛行船およびモーターハンググライダー、マイクロライト機、ウルトラライト機、パラプレーン等の超軽量動力機を含む。)・船舶(人力または風力を原動力とするものを除く。)の所有、使用または管理、狩猟に起因する賠償責任は補償の対象となりません。

※賠償責任保険の詳しい内容はこちらをご覧ください。

突然死葬祭保険 支払限度額

加入
区分
対象範囲 支払限度額
A1 団体活動中と
その往復中
突然死
(急性心不全、脳内出血など)
葬祭費用 180万
AW 団体活動中と
その往復中
突然死
(急性心不全、脳内出血など)
葬祭費用 180万
上記以外 対象となりません。
団体活動中と
その往復中
突然死
(急性心不全、脳内出血など)
葬祭費用 180万
A2
団体活動中と
その往復中
突然死
(急性心不全、脳内出血など)
葬祭費用 180万

※突然死葬祭費用保険の詳しい内容はこちらをご覧ください。